キトサン サプリ

キトサンサプリ効果別ランキング

カニから高分子の特徴

カニから高分子は、コレステロールに良いキトサンを高配合したサプリメントになります。キトサンとキトサンオリゴ糖を1日分に1080mgもの量を含有しています。キトサンの効果・効能は、多くの医師により研究開発され、高血圧・便秘・自律神経などの生活習慣病予防にもおすすめです。

価格 1960円
評価 評価5
備考 キトサン・キトサンオリゴ糖

 

ヌーススピリッツの特徴

ヌーススピリッツは、体内への吸収力が高い水溶性低分子キトサンを配合したサプリメントになります。キトサンは鬱・パニック障害などの不安定な精神状態の改善効く成分として注目を集めます。ヌーススピリッツは、キトサンの効果に着目した専門医開発に携わったサプリメントとなります。極度のストレス・不安感・無気力など精神不安が引き起こす症状におすすめです。

価格 6800円
評価 評価4.5
備考

 

DHC キトサンの特徴

DHC キトサンは、名前の通りカニ甲羅由来のキトサンを配合したサプリメントになります。1日分に630mgを含有しながら、高麗人参・米胚芽などのエキスもプラスしています。痩せたいけど、脂っこい食事がやめられない方におすすめのダイエット向けのキトサンサプリです。

価格 615円
評価 評価4
備考

 

キトサンとはなに?

 

キトサンとは、カニやエビなどに含まれる動物性食物繊維のことで、様々な健康効果により注目されている成分です。その有用性は国も認めるところで、キトサンが含まれた健康食品に対してトクホの認定も成されています。

 

キトサンは他の一般的な食物繊維と同じような性質を有し、体内で消化されず便のかさを増やしますが、キトサンは特にコレステロールを吸着し消化吸収を妨げる効果が高いことがわかっています。

 

この点は様々な臨床試験で実証されており、コレステロールを下げる働きがあるとしてトクホの認定を受けているキトサン含有健康食品もいくつかあります。また他の食物繊維と同じく脂質なども絡み取り吸収を妨害するため、ダイエット効果も期待できます。

 

キトサンは一般的な食物繊維に不要物の排出効果を向上させた上位互換とも呼べるものであり、食物繊維そのものの必要性が周知されると共に注目を集めてきています。

 

コレステロールや脂質だけでなく塩分の排出にも役立っていると言うデータもあり、食後に飲むサプリメントとしてキトサン含有サプリメントも数が増えてきました。

 

高コレステロールや高脂血症による障害は重く辛いものばかりですので、そうなる前にキトサンを有効活用し手軽に予防を行うのは良い考えです。

 

トクホ認定健康食品ならば臨床実験によって効果が担保されているものですので、まずはトクホに認定された食品から試して、その効果を実感してみるのが良いでしょう。

 

キトサンの目安量と過剰摂取の心配は?

 

サプリメントなどによく含まれている成分なので、キトサンという名前を聞いたことがある人もいるでしょう。キトサンはどれぐらい摂取するのがよいのでしょうか。

 

1000ミリグラムを基準に摂取

 

キトサンも他の成分と同じように、過剰摂取をするのはあまりよくありません。では、どれぐらいの量を摂取すればよいのでしょうか。キトサンは1日1000ミリグラムを目安に摂取するのがよいと言われています。

 

ただし、体調が悪いときには十分摂取することができないでしょう。そんなときには無理をする必要はありません。あくまで健康なときに摂取すればよいのです。

 

副作用はあるのか

 

キトサンを過剰摂取すると、やはり他の成分と同じように、副作用が出てしまうのではないかと心配してしまう人もいるでしょう。基本的にキトサンには副作用はありません。

 

しかし、アレルギー体質の人が摂取した場合、下痢や腹痛、かゆみや発疹などが出てしまうことがあるのです。これらの症状が出たら、服用を止めるようにしましょう。

 

キトサンはサプリからの補給が良い

 

キトサンというのは、カニやエビなどの甲殻類から出たキチンを抽出した成分です。だからこそアレルギー体質の場合には、注意しないといけません。

 

カニやエビを直接食べても摂取することはできません。では、どのような方法でキトサンと摂取するのかというと、サプリメントを購入して摂取するのです。サプリメントにはキトサン以外の成分も含まれているので、よく確認しておきましょう。

 

キトサンの飲み方、飲むタイミングなど

 

キトサンはいつ飲むのが効果的なのか気になる人も多いでしょう。特に飲み方が決まっていなくても、時間帯によって効果が変わるので覚えておくべきです。

 

食事の前に飲むのがよい

 

キトサンというのは自然界に存在する栄養素ではありません、甲殻類に含まれている成分はキチンというのですが、この成分を抽出生成した物をキトサンと呼んでいます。

 

キトサンを摂取するにはサプリメントを服用する必要があるのですが、主な効果は脂肪を燃焼することです。そのため、食前に服用することで、脂肪を燃やしやすくしてくれるのです。

 

サプリメントで摂取する

 

キトサンは先ほど説明したように、キチンという成分から抽出した成分です。そのため、甲殻類を食べたとしても、キトサンそのものを摂取することはできません。

 

どうしてもキトサンを摂取したいという場合には、サプリメントを用いるようになります。キトサンを主成分としたサプリメントも存在しているので、インターネットなどでよく情報収集をしてみましょう。

 

晩御飯の前に飲むのがよい

 

キトサンは薬ではありませんので、いつ飲んでも特に問題はありません。脂肪の燃焼効果があるので、食前がふさわしいと言われているのですが、特に脂肪がたまりやすいのは晩御飯です。

 

なぜなら後は寝るだけという場合が多いからなのですが、このときにキトサンを摂取することで、寝ている間に脂肪が蓄積されにくくなります。毎日同じ時間帯に摂取するとよいでしょう。

 

キトサンサプリの選び方

 

キトサンサプリにもいろいろな種類が存在しています。そこでどのような方法でキトサンサプリを選べばよいのかを紹介させていただきます。

 

種類で選ぶ

 

キトサンサプリの種類はたくさんあり、ざっと見ただけでも高分子や低分子、水溶性やグルコサミンなどがあるのです。まずは種類の特徴を知っておきましょう。この中で特におすすめなのがグルコサミンなのですが、グルコサミンだけが唯一体内にキトサンを吸収できるのです。

 

他の成分の場合には、腸内を通ることで効果を発揮します。そのため、キトサン以外に使用されているプラス成分にも注目しておかないといけません。

 

価格で選ぶ

 

たくさんの種類が存在しているということは、価格もいろいろとあることを意味しています。ただし、価格だけで選ぶのはよくありません。まずは自分に合ったキトサンサプリを選び、同じ種類で価格を比較してみましょう。

 

同じ種類であれば、できる限り安い方がお得です。選ぶ前にはキトサンサプリがどれぐらいの価格なのかも調べておかないといけません。

 

キトサンの含有量で選ぶ

 

キトサンは1日に500ミリグラムから1000ミリグラムが適量と言われています。そのため、含有量が500ミリグラムから1000ミリグラムの範囲で選ぶのがよいでしょう。

 

もちろん1日に必要な量なので、よく注意書きを読んでおかないといけません。キトサンの量は少なすぎれば効果が期待できませんし、多すぎても過剰摂取になるのであまりよくないでしょう。

更新履歴