キトサンの1日の目安摂取量

キトサンは食物繊維の一種であり、摂取時のメリット・デメリットも概ね食物繊維に準じます。

 

 

他の食物繊維同様、過剰摂取は他の栄養素の吸収を妨げ、下痢などの原因ともなるため目安摂取量を守る必要があります。

 

一般的な食物繊維の場合、基本的に食事によって摂取できるためサプリメントなどを用いない限りは極端な過剰摂取となることはほとんど無いはずですが、キトサンを摂取するにはキトサン含有の健康食品やサプリメントを用いる事となるため、過剰摂取には注意が必要です。

 

臨床実験では、キトサンの1日摂取量が2gまでは副作用の報告が無いとされています。そのため2gまでの摂取は安全だとされており、目安摂取量としても2gまでとしていることが多いようです。ただし前述の通り、キトサンは基本的にサプリメントや健康食品の形で摂取することとなりますので、各製品の摂取量記載に従いましょう。

 

キトサンは同時に胃に存在するコレステロールや脂質を吸着するため、飲む量よりもタイミングが重要となります。もしキトサンを飲んでいるのにあまり効果が無いと感じている方、飲む量を増やす前に飲むタイミングを再考してみてはいかがでしょうか。

 

脂っこいものを食べた直後に飲むのが基本で、空腹時に飲んでもほとんど効果は得られません。お通じ改善効果にしても、高脂質食と一緒に飲んだ方が便に脂を含ませることができ、適度な柔らかさが得られより効果が高いのです。